FC2ブログ

応援の仕方

昨日は東京ドームでXリーグを観戦した。

アメフトリーグの決勝だ。

友人に誘われるがままに、地元、富士通の応援をした。

アメフトの観戦は2回目であり、多少ルールが分かる程度であったが、

開始早々にカウンターで富士通が先制した。

その後も富士通ペースで試合が進み、点差はどんどん離れていった。

後から知った事だが、富士通は昨年の覇者であるらしい。

さて、困ったことが起こった。

自分は、強いチームの応援をしたことがないのだ。

野球では中日。アイスホッケーでは日光アイスバックス。

辛うじてサッカーのフロンターレは強豪と言えるだろうか。

何の心配もなくビールが飲めて、

弁当を買いに行けるような、一方的な試合。

生で見たことがなく、何となく落ち着かない。

試合も最後まで見届けることがなく、余裕を持って第3Qで会場を後にした。

試合内容や演出には大満足であったが、少し寂しさも感じた。

やはり自分は、弱いチームを応援しているのが性に合うのだろう。

話は変わるが、特別ゲストで「NOKKO」さんなる方が登場した。

どこのローカル歌手さんかと思っていたら、

フレンズを歌ってわかった。

元レベッカのボーカルであった。

大物歌手を生で見ることができ、いたく感動した。

サッカーについて

昔からあまりサッカーは観ないが、

地元フロンターレのファンクラブに入っている。

そんなフロンターレが初めてJリーグで優勝をした。

この時期に決まると言うことは、後期の部にて優勝したのかと思っていたが、

どうやら前後期制は昨年で終了していたらしい。

そんなサッカー音痴な自分だが、応援しているチームが勝つのは、

やはり気持ちが良いものだ。

ピッチで泣き崩れる中村憲剛や小林の姿。

この試合に賭けていた彼らの思いを、感じずにはいられなかった。

…と、まるで観ていたかの様に語っているが、

実はその瞬間は映像で観ていない。

その日は、仕事もあり、帰宅したのは夜遅く。

次の日も、その次の日も、スポーツニュースで当日の様子を観ることはできなかった。

流れてくるのは日本代表や海外サッカー、

オフシーズンである野球の話題ばかり。

Jリーグの注目度はこんなにも低いのかと、

改めて驚いた。

サッカーは天皇杯やルヴァンカップなど、

タイトルがありすぎて、正直どのチームが強いのか分からない。

そんなにいっぱい戦わなくとも、シンプルなリーグ戦と代表戦だけでいいのではないかと、

素人目には感じてしまうのだが。

やはり、サッカーはよくわからないが、

これを機に、知っていけたらと想う。

プロフィール

波留雨

Author:波留雨
神奈川県民川崎市民。
本業は農業関係(のつもり)
趣味は弓道、野球観戦、資格取得、筋トレ、音楽(ドラム)
ととっ散らかり気味。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR