FC2ブログ

ドラクエウォーク

意気揚々とダウンロードし、一週間ほどプレイしていたものの、

段々とアプリを開くことが無くなった。

あれこれ理由を考えた。

ストーリーがただのお使いそのものだとか。

村の住民にほとんど個性が無いことだとか。

そもそも歩く必要があまりないだとか。

色々問題はあるにしろ、

一番は仲間の存在だろうか。

ドラクエは4から入った自分にとって、

やはり仲間の個性は重要な要素だ。

容姿、性格、生い立ち。

ドラクエ7からは、仲間との会話システムも生まれ、

膨大過ぎるほどの仲間同士の掛け合いがあった。

仲間は確かに、生きていた。

ドラクエウォークはキャラメイクシステムを採用している。

つまりは、ドラクエ3形式だ。

途中で仲間が加入するが、名前や職業は勿論、

容姿や性別までも変えられてしまう。

当然セリフもなく、無個性だ。

自分が名作と呼ばれるドラクエ3にハマらなかった理由もここにある。

仲間が戦闘だけ助けてくれる、戦闘マシーンなのだ。

グラディウスのオプションのような存在。

ただ敵を倒し、レベルを上げるだけ。

そこに人間同士のドラマが無いため、

作業に飽きたらお終い。

何だか仕事でもしてるような気分だ。

進めたくなるようなストーリーも無ければ、

スリープ状態に対応していないため、

歩くだけで済むという手軽さもない。

現状では、少し中途半端だ。

ただ、ポケモンゴーも最初は手に負えないクソゲーだったが、

改良に次ぐ改良によって、今や不動の位置ゲーとなっている。

ドラクエも今後のアップデートを楽しみにして、

しばし放置しておくとしよう。

もしも時が戻るならば

一昨日に戻ってスポーツ新聞が欲しい。

勿論、中日大野投手のノーヒットノーランの記事だ。

左腕エースとして期待されながらも、

ここ数年はパッとしなかったが、

今季の防御率は2点台と、

見事に復活を遂げた。

それでも8敗しているのは球団のせいだろう。

かつての投手王国は見る影もないが、

彼の様な投手が突如現れるから、中日ファンは辞められない。

いすみ鉄道

房総半島を走る超ローカル線(良い意味で)、

いすみ鉄道に乗ってきた。

電車や乗り物には興味は無く、

単なる移動手段にしか考えてなかったが、

社会人になってからというもの、

車窓から見える風景の虜となってしまった。

仕事柄、地域というものに興味を持ったからだろうか。

短時間の間にこれだけ土地の特色を見ることができる乗り物は、

他に無いと思う。

それだけ、その場所の中心にある物、ということだろう。

一時期よりメディアに取り上げられることが多くなったようだが、

依然として経営は厳しいようだ。

地域の歴史の灯火を消さぬ様活動している方々を、

心から応援したい。

「いすみ鉄道友の会」

https://www.pref.chiba.lg.jp/seisaku/chiikizukuri/hiroba/hiroba202.html

プロフィール

波留雨

Author:波留雨
神奈川県民川崎市民。
本業は農業関係(のつもり)
趣味は弓道、野球観戦、資格取得、筋トレ、音楽(ドラム)
ととっ散らかり気味。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR