FC2ブログ

令和元年普及指導員資格試験 問3

問3

我が国の農業労働力に関する次の記述のうち、最も不適切なものを選びなさい。

ア 認定農業者数は、平成25年度以降一貫して減少している。また、認定農業者のうち法人は、平成28年度をピークに減少している。

イ 平成29年の49歳以下の新規就農者は2万人を超え、4年連続で2万人超えとなっている。

ウ 平成29年において、独自に土地・資金等を調達して、新たに農業経営を開始した49歳以下の新規参入者は約2700人であり、平成19年以降、最も多くなっている。

エ 平成30年の49歳以下の常雇い数の割合は前年より増加しており、より若い年代の雇い入れが進んでいる。

オ 平成30年10月末時点での農業分野における外国人労働者数は、3万人を超えている。

正解 ア

解説

認定農業者数は微増と微減を繰り返しており、近年はほぼ横ばいの推移となっています。

よって設問アの「一貫して減少」という記述は誤りです。

ちなみに法人は平成28年をピークに減少しているので、

こちらの記述は正しいです。

令和元年普及指導員資格試験 問2

問2

我が国における主要農作物の生産等の動向に関する次の記述のうち、最も不適切なものを選びなさい。

ア 日本米粉協会が運営するノングルテン米粉製品第三者認証制度により、グルテン含有基準値1%以下であることが認証されたノングルテン米粉が平成31年1月に誕生し、令和2年から流通が始まることとなっている。

イ 国産小麦については、近年、消費者の国産志向の高まり等を受け、大手外食チェーンや加工メーカーが国産小麦を使用したパン・中華麺等の商品を相次いで発表するなど、人気が高まってきている。

ウ 家庭での果実消費量は減少傾向で推移している中、優れた食味や食べやすさ等の消費者ニーズに対応したシャインマスカット等の高品質な果実の生産は増加している。

エ 平成16年以降、一世帯あたりの緑茶と茶飲料の年間支出金額が逆転し、茶飲料の年間支出金額が緑茶の年間支出金額を上回るなど、簡便な形態での飲用へと消費動向が変化している。

オ かんしょについては、粘質性が高く良食味の品種の開発、電気式自動焼きいも機による店舗での固定販売の普及を背景に、焼きいもが注目されており、今後も堅調な需要が見込まれている。

正解 ア

解説

ノングルテン認証第1号は平成30年6月14日に行われました。

すでに流通している商品に、認証ロゴマークが貼付されて店頭に並んでいます。

よって「令和2年から流通が始まることになっている」という記述は謝りです。

また、ノングルテンとは「グルテン含有量が1μg/g(=1ppm)以下」となっていますので、

グルテン含有基準値1%以下という記述も不適当です。

開幕から1週間

勝ったら激励の記事を書こうと心に決めて観戦を続けていましたが、

横浜に3タテをくらい、すっかりやる気を無くしていました。

しかも、こないだの金曜日は友人宅でテレビ観戦。

大野が気持ちいいようにホームランを打たれ、

打線は拙攻続き。

虚しく響く応援歌。

あまりにも盛り上がらないため、お通夜のような時間が経過していました。

唯一笑えたのは、バックスタンドで観戦中目の前にホームランを叩きつけられつつも、

セーフのジェスチャーをするドアラくらいでしょうか。

その後も勝てないので観戦していなかったのですが、

土曜日に広島に勝ったようですね。

すぐにネガティブになってしまう癖を克服しないと。

中日ファンは根気が必要ですな。

令和元年普及指導員資格試験 問1

問1

食料需給と食料安全保障に関する次の記述のうち、最も不適切なものを選びなさい。

ア 世界の穀物等の需要は、開発途上国を中心とした人口増により食料の需要が増加するとともに、経済成長に伴い、多くの穀物等を飼料として必要とする肉類の需要が大幅に増加することにより、全体として増加する見込みである。

イ 国連では、国際社会の開発目標である持続可能な開発目標 (SDGs)を採択した。その中で、令和12年までに世界の栄養不足人口を増加させないとする目標を定めており、世界の栄養不足人口は、平成22年以降一貫して減少している。

ウ 農産物の生産においては、気候変動を始め、水資源の制約や土壌劣化等の不安定要素が存在し、穀物需要が逼迫するリスクが指摘されている。

エ 農林水産省では、国内で頻発している自然災害・異常気象のリスクについて、中長期的な観点から分析し、施設の損傷、電気・ガス・水道の停止、家庭備蓄の欠如等については対応策を強化する必要があると評価している。

オ 食品産業自動車においては、食料が安定的に供給されるよう、事業の継続や中断した場合の早期復旧が重要となるため、農林水産省では、自然災害を対象とた業継続計画(BCP)の策定を推進している。

正解 イ

解説

栄養不足人口は2014年以降増加している。

2014年 7億8370万人

2015年 7億8442万人

2016年 8億420万人

2017年 8億2080万

よってイの記述は誤り。

開幕戦

中日が4年ぶりの開幕戦勝利!

男堂上、無死満塁からの決勝中犠飛!

しかも、開幕戦18安打は27年振り!

27年前は中日は2位だったようですので、

今年の中日は一味違うかもしれませんね。

指揮官与田監督も、早くも感慨深いとの発言。

喜べる内に喜ばなくては。

これが、中日ファンの掟です。

昨日の中日

昨日は2年目の梅津が5回1失点と試合を作りましたね。

立ち上がりから制球に苦しみましたが、

終わってみれば失点はロペスの一本だけ。

これで先発は6人揃いました。揃ったことにしましょう。

試合自体はDNAと2-2の引き分けでした。

練習試合は通算4勝6敗2引き分けといつも通り惜しくも負け越しましたが、

リーグ戦に期待ですな。

初戦は唯一勝てそうなヤクルト。

絶対に負けられない戦いが、そこにある。

花金

コロナの騒動も漸く落ち着きを取り戻してきたでしょうか。

少なくとも、5月末より通常勤務となっている自分としては、

ほとんどいつも通りの生活を送ってしまっています。

ただ、以前と大きく変わった点が一つ。

それは、飲み会がなくなったこと。

緊急事態宣言は終了しているので、

本当であれば飲み屋に行ってもいいのでしょうが、

未だに職場の歓送迎会開催の見通しも立っておりません。

元々飲み会好きな自分としては、

「宣言が終わったら早く飲みに行くぞ!」

等と一人で誓いを立てていたのですが、

人間どんな状況も慣れてくるんですね。

若いからと押し付けられる幹事。

ただでさえ少ないのに、消えていく小遣い。

速攻記憶が飛び、知らない間に経過している数時間。

何か、考えるだけで面倒になってきました。

少なくとも職場の飲みに関しては、

このまま無くなってくれてよいですかね。

どうせならコロナを利用させて貰って、

出来れば忘年会までは幹事をやり過ごしたいです。

ようやく

プロ野球の開幕まで後1週間。

しばらくはTV前での観戦になりそうです。

鳴り物がないのは寂しいですが、

メジャーを観戦してるような静けさの中というのも新鮮ですね。

早く球場に行きたい気持ちもありますが、

とにかく、無事に開幕して欲しいものです。

令和元年普及指導員資格試験 問8

問8

我が国の農地の集積やの集約化の動向に関する次の記述のうち、最も適切なものを選びなさい。

ア 平成27年以降は、荒廃農地の再生が進み、農地面積は増加傾向に転じている。

イ 農地中間管理機構の活用により、平成25年以降担い手への農地集積率は上昇しているが、令和5年度までに担い手への農地集積率を80%にするという政府の目標を達成するためには、取組を一層加速させる必要がある。

ウ 平成29年度における担い手への農地集積率は、50%を下回っており、地域別では、農業経営体の多くが担い手である北海道でも70%を超えていない。

エ 農地バンクが農地を借り受け、転貸する場合は、市町村が作成する計画か農地バンクが作成する計画のいずれか一つが必要である。

オ 農作物の栽培の効率化・高度化を図るために、農業用ハウス等の底面を全面コンクリート張りにする場合は、「農地法」により必ず農地転用の許可が必要とされている。

正解 イ

解説

ア 農地面積は近年緩やかに減少傾向です。

イ 29年度の担い手への農地集積率は54%と、50%を上回っています。

エ 計画を策定する必要はなく、申し込み用紙を記入するだけです。

オ 難問。以前は、ハウスの底面をコンクリート張りにする場合は、農地転用の許可(あるいは届出)が必要でしたが、平成30年の農地法改正により、条件を満たせば全面コンクリート張りの農業用ハウスも農地として認められることになりました。

プロフィール

波留雨

Author:波留雨
神奈川県民川崎市民。
本業は農業関係(のつもり)
趣味は弓道、野球観戦、資格取得、筋トレ、音楽(ドラム)
ととっ散らかり気味。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR