FC2ブログ

地方で農業

久々の農業関係の話題。

隣国、韓国から。

https://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/210126/mcb2101260626006-s1.htm 

農業界では、養液栽培が再びブーム。

水に肥料を溶かして、

(多くの場合)土を使わずに行う栽培方法です。

養液栽培自体は古いテクニックなのですが、

培養液の濃度や量など、

数字で管理することが多い技術なので、

ICTととても親和性があるんですね。

なので、ここ数年のデジタル技術の発展によって、

取り組む人が増えてきています。

自分も、地方に移住して農業をやるのが夢なので、

こういった記事は単純に羨ましいですね。

でも、農業一本で食べていく気はなく、

投資かなんかで金を稼ぎつつ、

副業として取り組みたいですね。

今は為替で負けまくっているので、

全く目処は立っていませんがね。

Youtuberでも目指しましょうかね。

英検2級一次試験

日曜日は英検を受けに行ってきました。

会場は東京は五反田。

ほぼ初めて降りましたが、

いろいろ美味しそうなお店がありましたね。

前に「アド街っく天国」で見た時も、

良さそうな居酒屋さんが特集されていました。

宣言解除になったら友人と行ってみたいですね。

会場入りの前に腹ごしらえ。

嵐丸さんの角煮ラーメンを頂きました。

さて、試験会場には子供の姿も多く見ました。

それもまた小学校1、2年位の子供が。

自分の頃は日本語の読み書きさえ怪しかったのに、

教育水準が上がっているんですかね。

日本の未来は明るそうです。

そんな中、

前日のリモート飲みではしゃぎ過ぎた残念な大人

も試験を受けてきました。

こんな人間になるんじゃないぞ(戒め)

それでも、昨日公開された解答速報で答え合わせをしたところ、

一次試験はほぼ9割合っていました。

正確に言うと88%。

一次試験の合格ラインは6割なので、

まあ大丈夫でしょうか。

ライティングについてはほぼ壊滅的だったので、

それでだいぶ点を落とすとは思いますが(笑)

来月の2次試験は英語での面接。

ほぼ喋れないという体たらくなので、

少しでも話せるように勉強していきます。

常勝軍団たる所以

キャンプに向け始動し始めたプロ野球界。

そんな中、ソフトバンクホークスの記事が目に止まりました。

https://www.chunichi.co.jp/amp/article/186429?__twitter_impression=true球拾いで選手が望む未来像を把握…ソフトバンク“データ部門”の真髄 伝える数字が埋める現在とのギャップ:中日スポーツ・東京中日スポーツ 【データが導くプロ野球新時代】 日本シリーズ4連覇。関本塁GM補佐兼データ分析担当ディレクター(44)は、圧倒的な強さを誇るソフトバン...リンクwww.chunichi.co.jp


対戦相手の映像を記録し、配球を予想。

個別指導をするんですね。

「スポーツは情報戦」と言われているのは知っていましたが…

どうやって予想するんですかね。

キャッチャーも大変ですね。(小波感)

一方我が中日は、

選手に球団としてのビジョンを尋ねられて、

フロントが「これから作ります」と言う始末。

個人的には結構ツボでしたが、

選手からすれば不安で不安でしょうがないでしょうね。

まさか配給もFAXでやり取りしてたりとか。

リアルにありそうで怖い。

とんでもない強さを誇るソフトバンクホークス。

その秘訣が垣間見えたように思います。

鉄道わさび

不況にあえぐの時代。

異業種コラボというものが流行っていますね。

本来はライバル同士が手を取り助け合い、

ともに発展する素晴らしい取り組みだと思います。

中でも今回の耳に残った「鉄道わさび」。

鉄道型のわさび?

車内で食べられる?

ラジオでキーワードを聞いただけなので、

どんなものか調べてみることにしました。

https://www.axismag.jp/posts/2020/12/319611.html日本のわさびを救う JR東日本沿線の湧水を活用して「鉄道わさび」を栽培 | Webマガジン「AXIS」 | デザインのWebメディアJR東日本スタートアップと、日本の湧水資源を活用したわさび栽培の事業化を進めるグリーンインパクトは、JR東日本沿線の湧水を活用し「鉄道わさび」栽培の実証実験を開始することを発表した。栽培地近辺では、飲食店での料理提供や加工・流通についての実証…リンクwww.axismag.jp


鉄道(のグループ)会社がわさびを栽培するというものだそうです。

言ってしまえばそれだけのようですが、

しらべてみると中々奥が深い。

国産わさびは温暖化の影響で、

年々収穫量が減少しているとのこと。

そこで、気温の影響を受けにくく、

ミネラルを豊富に含む沿線やトンネル内の湧水を活用し、

わさびの栽培を行う事業のようです。

農業を法人化するという試みは、

実は前々から行われていました。

ただ収益化が難しく、

それだけで従業員を養うのは困難ということで、

思ったよりも広がっていないのが現状です。

(知り合いにも、激務薄給で離職した人がいます。)

ただ、一次産業の魅力はやはりその安定性。

桃鉄でも農地は収益は低いですが、

ハリケーンボンビーでも吹き飛ばされませんしね。

(リアルでは台風で普通に死ねますが。)

経営の多角化、リスクヘッジの一つとして、

大企業が入り込んでくれると、

閉鎖的な農業社会も少しづつ変わってくるのかもしれません。

2021年農畜産物トレンド発表

2021年農畜産物トレンドが発表されたそうです。

何ですかって?

そうですね強いて言うなれば…

私も今日知りました。

中身を見てみると、農業版流行語大賞といったところでしょうか。

せっかくなので取り上げてみますね。

1位は「新型コロナ対応」。やはり。

直売所の農家が多いのですが、

前回の緊急事態宣言中は、

やることなくて散歩中の人が殺到したようです。

ソーシャルディスタンスを取らせるのに苦労したという話をよく聞きました。

2位は「ネット取引」。

SNS を駆使して直接販売をする農家が増えてきました。

フリマアプリ、メルカリでの販売も盛況な様子。

1回頼もうとしましたが、

果実が大変な量で取引されていたので、

やめときました。

そんなに果樹は食べきれないと思うのですが、

どんな人が頼むんでしょうかね。

3位は「安全・安心」。

食べる物は常に安全・安心であってほしいですよね。

その為に「GAP」という取り組みがあるのですが、

果たしてどこまで浸透しているのでしょうか。

どういう物が「安全・安心」なのか。

定義が議論されないまま、

言葉だけが独り歩きしているように感じます。

以下は、「安定」や「気象」が続きました。

このあたりからは、例年と変わらなそうです。

昨年は、生きていた中で初めて尽くしの一年となりました。

今年はどんな年になるのでしょうか。

平和な一年になりますように。

お祈りいたします。

https://www.agrinews.co.jp/p52834.html


あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

何か記事になることはないかと待っていましたが、

特に何もなかったので、

今回は自分の今年の抱負を書きたいと思います。

今年の抱負は、

「昼食の大盛りをやめる!」

ということにします。

今までは、お昼にラーメンを食べる時は、

必ず大盛りを頼んでいました。

特に同じ金額なら、

お腹いっぱい食べないと損した気分になっていたからです。

しかし歳を重ねるに連れ、

夕方までお腹が空かないことは果たして幸せなのか?

と思い始めてきました。

お昼を控えめに食べ、

夕方にお腹を空かせて晩御飯を食べる。

という方が、幸せなんじゃないかという考えに至り、

こういう宣言をさせていただきました。

もう一つの理由としては、

後は単純に増えてしまった体重を減らすために、

週一日でジムへ通い、

筋トレと40分ほどのジョギングを重ねているのですが、

食べる量を減らせばこんなことしなくてもいいんじゃないか、

ということに気づいたってのもあります。

ということで、今年もどうでもいい記事を混ぜつつ、

更新していきたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

平成30年普及指導員資格試験審査課題ア まとめPDF

(この記事はトップに固定しています。)

自分が受験するにあたって、

普及指導員資格試験の過去問など作ってまいりましたが、

いざ見返してみようとすると、
非常に見づらい!これじゃ参考にならん!
ということで、平成30年度分についてはPDFとしてまとめてみました。
http://paraviri.web.fc2.com/h30fukyukakomon.pdf
時間がなかったのか、やる気がなかったのか、
今見返すと投げやりな解説もあるので、
試験が終わった後にでも少しづつ補完していきましょうかね。
本当は令和元年度分も完成するつもりだったのですが…
まあ、来年試験を受ける方のために9月以降も作成していきます。(多分)
プロフィール

波留雨

Author:波留雨
神奈川県民川崎市民。
本業は農業関係(のつもり)
趣味は弓道、野球観戦、資格取得、筋トレ、音楽(ドラム)
ととっ散らかり気味。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR