FC2ブログ

平成30年普及指導員資格試験審査課題 問8

問8

我が国の農林水産物・食品の輸出に関する次の記述のうち、最も適切なものを選びなさい。


ア 我が国の農林水産物・食品の輸出額は、平成26年を最高として以降、横ばいで推移している。


イ 平成29年における農林水産物・食品の輸出額を国・地域別に見ると、米国への輸出額が最も多く、輸出額全体の5割近くを占めている。


ウ 政府は、平成31年における農林水産物・食品の輸出額の目標を1兆円としている。この実現に向け「農林水産業の輸出力強化戦略」と「農林水産物輸出インフラ整備プログラム」に基づき、政府と民間が一丸となって取り組むこととしている。


エ 食品中の残留農薬については、我が国の基準は世界的にも厳しいものであるため、我が国の基準を満たしていれば、いずれの国・地域へも輸出が可能である。


オ 海外に飲食店と日本産食材の輸出拠点として活用しつつ、日本食・食文化の魅力を効果的に発信することが重要である。しかし、海外における日本食レストランの数は平成25年以降横ばいである。


正解 ウ

解説

農水省HP「農林水産物・食品の輸出に関する統計情報」より出題

https://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/e_info/zisseki.html

年    輸出額(億円)

2014  6,117

2015  7,451

2016  7,502

2017  8,071

2018  9,068

2019  9,121


毎年増加しているのでアは誤り。


国、地域別輸出額は、

1位 香港 1,877億円(23.3%)

2位 米国 1,115億円(13.8%)

3位 中国 1,007億円(12.5%)

4位 台湾 838億円(10.4%)

5位 韓国 597億円(7.4%)

なので、イは誤り。


農薬成分の残留基準値は、

当然輸出先国・地域と日本とで異なることから、

日本の基準値を満たしていても輸出先国・地域の基準値を満たせずに輸出できない場合があります。

よってエも誤り。


農水省資料「海外における日本食レストランの数」より

https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/attach/pdf/171107-1.pdf

2013年 約5.5万店

2015年 約8.9万店

2017年 約11.8万店

と、増加傾向にあるのでオ誤り。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

波留雨

Author:波留雨
神奈川県民川崎市民。
本業は農業関係(のつもり)
趣味は弓道、野球観戦、資格取得、筋トレ、音楽(ドラム)
ととっ散らかり気味。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR