FC2ブログ

平成30年普及指導員資格試験審査課題 問11

問11

GAP(農業生産工程管理)に関する次の記述のうち、最も適切なものを選びなさい。


ア GAPとは、農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組みであり、農業法人がGAPを実施する際は、必ず第三者機関の審査を受けなければならない。


イ GAP の意義や内容の理解を深めるための農業者向け説明会が全国で開催されているほか、農業高等学校や農業大学校等でGAPをカリキュラムに位置付ける等、農業を目指す若者に対するGAP教育の動きも進んでいる。


ウ 畜産物については、一般財団法人日本 GAP 協会によりGAP認証の仕組みと体制の整備が進められており、平成31年4月から認証が始まる予定である。


エ GAP の実施と認証取得の拡大が輸出促進に繋がるように、農林水産省はJGAPや都道府県GAPについて、GFSIへの承認申請を行っている。


オ 農林水産省が実施する事業の中で、経営所得安定対策、食料産業・6次産業化整備交付金、中山間地域等直接支払は、GAPの実施を交付の要件として設定している。


正解 イ

解説

GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)とは、農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組のことです。


GAPの実施自体は、各主体が主体的に取組むだけなので、認証の必要ありません。「GAP認証」となると、第三者機関に認証してもらう必要があります。よって、アは誤り。


畜産のGAPについては、

平成29年3月31日にJGAP家畜・畜産物の基準書を公表、同年8月21日から農場の認証を開始。

平成29年8月31日からGAP認証取得の準備段階の取組であるGAP取得チャレンジシステムの運用を開始。

とのことなので、設問中「平成31年4月から~」という記述は誤り。


GSFI(Global Food Safety Initiative:世界食品イニシアティブ)は、世界的に事業展開している主要な食品企業が平成12年に発足させた組織で、世界にある多種多様な食品安全認証プログラムの等価性を図るためのプログラムを運用しています。

「旧 JGAP Advance」は、GFSIの要求事項に応じてASIAGAPとして改訂し、平成29年に11月にに承認申請を行い、承認されました。一方、都道府県GAPは名前通り都道府県が主導するGAPであり、農水省は承認申請を行っていないので誤りとなります。


オは、いずれの交付金も要件とまではされていないので誤り。(経営所得安定対策では取組のうちの一つ。)

「環境保全型農業直接支払交付金」では、平成30年度より要件とされました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

波留雨

Author:波留雨
神奈川県民川崎市民。
本業は農業関係(のつもり)
趣味は弓道、野球観戦、資格取得、筋トレ、音楽(ドラム)
ととっ散らかり気味。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR