FC2ブログ

平成30年普及指導員資格試験審査課題 問17

問17

農業生産基盤の整備に関する次の記述のうち最も不適切なものを選びなさい


ア 平成28年における畑の整備状況は、全体の約2.5割で畑地かんがい施設が整備され、全体の約6割で区画整理が行われている。


イ 平成24年度から平成26年度に区画整備が完成した地区では、営農への意欲が増大し、担い手への農地集積率は区画整理前に比べて低下した。


ウ 農業水利施設は、戦後の高度成長経済成長期に整備されたものが多く、老朽化が進行しているため、施設の長寿命化とライフサイクルコストの低減を図る取組みが進められている。


エ 南海トラフ地震の被害想定範囲内には、全国の基幹的農業水利施設の約3割が存在しており、耐震対策の推進が必要となっている。


オ 受益面積2ha以上のため池約6万1千か所のうち、約7割が江戸時代以前に築造されたものであり、自然災害による被害リスクが高まっている。


正解 イ

解説

農水省HP「第2節 農業生産基盤の整備・保全」

https://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/h27/h27_h/trend/part1/chap2/c2_2_00.html


農地の大区画化・汎用化を推進することによって、

担い手への農地集積・集約化や、

農業機械を活用した農作業の効率化により労働生産性が向上しています。


よって、イの記述は不適切となります。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

波留雨

Author:波留雨
神奈川県民川崎市民。
本業は農業関係(のつもり)
趣味は弓道、野球観戦、資格取得、筋トレ、音楽(ドラム)
ととっ散らかり気味。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR