FC2ブログ

平成30年普及指導員資格試験審査課題 問21

問21

家畜の栄養・生理に関する次の記述のうち、最も適切なものを選びなさい。


ア 単胃動物では、でんぷんは消化酵素によって、セルロースは消化管内細菌によって単糖類に分解されて吸収される。反芻動物では、セルロースやでんぷんは主に第1胃で微生物によって短鎖脂肪酸に分解されて吸収される。


イ 哺乳動物では、受精が行われ肺が子宮に到達すると、黄体は退行して胎盤ができ、発情周期の繰り返しが止まり妊娠が成立する。その後卵胞が子宮内に形成される。


ウ ニワトリの産卵は、数週間産卵を続けた後に1週間ほど休産し、再び数週間産卵を続けるという周期性を示す。休産時に産卵を再開させる方法として、数日間絶食させることがある。


エ 泌乳牛において、乳房からの乳の排出には、下垂体後葉から分泌されるプロゲステロンが作用する。プロゲステロンは、給飼車の音等によって反射的に分泌される。


オ 肉牛の体の組織や器官は一定の順序に従って発育していき、おおまかにいって、脂肪、筋肉、骨の順に発育が進む。したがって、肥育過程の前半は、脂肪組織を発達させる時期となる。


正解 ア

解説

※専門外のため現在調査中です。わかり次第追記します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

波留雨

Author:波留雨
神奈川県民川崎市民。
本業は農業関係(のつもり)
趣味は弓道、野球観戦、資格取得、筋トレ、音楽(ドラム)
ととっ散らかり気味。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR