FC2ブログ

平成30年普及指導員資格試験審査課題 問25

問25

情報技術の農業への利用に関する次の記述のうち、最も不適切なものを選びなさい。


ア リモートセンシングは、対象となる物体の状態について、離れた位置から情報を収集し、処理・利用する技術である。人工衛星による空間分解能は、30m×30mの区別が限界であるため、欧米等の大規模農業に適した技術である。


イ 地理情報システム(GIS)は、地図のデータと、地図上の自然・社会・生活・産業・経済・環境等の各種のデータをデジタル化し、総合的なデータベースとしたものであり、農地情報の管理や農村の地域計画等にも利用されている。


ウ 精密農業は、農薬や肥料等の投入量を制御しつつ、生産性や経済性の向上を目指す技術として、畑作を中心に欧米で発達したものである。精密農業では、圃場の情報収集から場所ごとの作業実施までが一連のシステムで構成されている。


エ 政府は、平成29年に策定された「世界最先端 IT 国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」において、2020年度までに、複数の農作業機の自動作業技術の開発による労働コストの半減等を達成する目標を掲げている。


オ 農業のITシステムは、農作業の省力化・効率化にとどまらず、生産工程の見える化、人材育成、高収量・高品質な農産物の安定生産等、農業経営が抱える課題に応じて活用することが可能である。


(注:「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」は平成30年6月に「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」に変更。)



正解 ア


解説

分解能については、衛星に搭載されたセンサーのスペックに依存しますので、

必ずしも30m×30mが限界というわけではありません。

また、ほ場毎のデータを収集、活用が可能であるため、

一団よりは細かく分散している方が適正を活かしやすい技術と考えられます。

よって、アの記述が不適当です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

波留雨

Author:波留雨
神奈川県民川崎市民。
本業は農業関係(のつもり)
趣味は弓道、野球観戦、資格取得、筋トレ、音楽(ドラム)
ととっ散らかり気味。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR