FC2ブログ

Paradise of Viridian

麺類、ドラム。あと、野球もね。

0

ドラムレッスン32回目その2「ドラムソロ」

ドラムを始めてはや3年。

ついに初のドラムソロの機会を得ました。

 

何回か記事にしていますが、

改めておさらい。

 

3月下旬のドラム発表会、

今回のお題は、「Isn't she lovery」のセッション。

Isn't She Lovely

Isn't She Lovely

 

セッションは各パートごとにソロがあるのが特徴。

この曲は32小節で1コーラス。

ソロ回しての構成は以下の通り。

 

全パート(原曲どおり) 1コーラス

サックスソロ 1コーラス

ギターソロ 1コーラス

ピアノソロ 1コーラス

ドラムソロ 半コーラス

全パート(原曲どおり) 半コーラス

 

半コーラス、

16小節分をドラムのみで乗り切ります。

 

適当に叩けばいいのかなとも思いましたが、

適当に叩くほうが実は難しいのがドラム。

 

ということで、今回は先生が構成を考えてくれました。

 

半コーラス、16小節を更に4小節ごとに分け、

4段階でソロを構成をしました。

 

1 ドラム・ソロ開始

「これから俺のソロに入るぜ!」という意気込みを伝える段階。

リズムパターンを変えたり、シンバルやスネアを派手に鳴らして、惹き付けるフレーズを多用します。今回はスネア連打を中心にフレーズを組み立てました。

 

2 パターン応用

1から少しトーンダウン。

通常のリズムパターンで、

叩くところを少し変える程度に抑えときます。

クラッシュとライドを中心にリズムを刻みます。

 

3 パターン発展

基本的には2と同じですが、

少し手数を増やしたりして、

多少派手にします。

一度やってみたかったタム回しを入れることにしました。

 

4 ドラム・ソロ終了

最後は派手に…

いきたいところですが、

実は徐々に抑えるのがコツ。

派手にすると曲が終わってしまうため、

通常のパターンにスムースに戻れるよう、

だんだんと音数を減らすようにしました。

 

頭では理解していますが、

叩けるかはまた別の問題。

慣れるまでは大変だと思いますが、

少しでも引き出しを増やすべく、

積極的に取り組んでいきたいと思います。

コメント

非公開コメント
My profile

Author : 波留雨(はるさめ)

神奈川県民川崎市民。
本業は農業・造園。
(農業普及指導員資格所持)

趣味は製麺、野球観戦、資格取得、音楽(ドラム)と、
とっ散らかり気味。

最近は特にドラム練習と製麺に明け暮れる毎日です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QR