FC2ブログ

Paradise of Viridian

麺類、ドラム。あと、野球もね。

0

ドラムレッスン10回目 pretender バンドリハーサル2回目

本番まであと一週間。

最後のリハーサルに入りました。

今日はリハスタで全員で合わせる練習。

メンバーは、ギターボーカル、ギター、ベース、サックス、キーボード(全員プロ)と、

ドラム(自分)。

 

怖ぇ。

 

プロが醸し出す痺れるような雰囲気。

あ、駄目だ帰りたい。

 

そんな気持ちを押し殺しつつ、

一人30分しかないので、

挨拶もそこそこにまず一回目を通しました。

 

前回の練習の時には、

ちょっとドラムが走っていたように感じたので、

今回はゆっくりめを心がけました。

そうするとさすがにプロ。

ものすごくもたっているもドラムに合わせてくれるので、

大変のんびりとしたプリテンダーになりました。

 

さすがにもうちょっと早くていいんじゃないと言われてしまったので、

走り気味のプレーを心がけ2回目。

 

次は、ドラムが重いというご指摘をいただきました。

 

重い…?

 

実は思い当たる節がありまして。

ドラマ始めたころから自分の録音を聞いて、

何だかもっさりした野暮ったいような気がしていました。

 

原因はスネアが一瞬遅れる事。

1拍目と3拍目のバスドラと比較し、

スネアのみが後ろに来るとのこと。

動画で確認したところ、

下手したら16分後ろに遅れていました。

 

軽快なロックナンバーの為、

気持ち前のめり気味で叩いて欲しいとのオーダー。

 

できないよ!

 

と、心で叫ぶまもなく、さっさと3回目。

大して改善できるわけもなく、

スネアはばっちり遅れていましたとさ。

 

その後もベースの先生からはクラッシュが遅れてるだの、

サックスの先生からはバスドラの位置が合ってないだの、

色々なご指摘をいただきました。

とりあえず要点をまとめると、

基本的にハイハット以外全てが後ろにずれがちなので、

リズムが重く感じるとのこと。

慎重さも相まって性格的にもたりぎみなので、

やや走ったプレーを心がけるようご指摘。

 

前回言ってくだされ(´;ω;`)

 

と思いましたが、そこはさすが先生。

 

「本番になったら全部忘れてください。」

 

本番は決してゴールではありません。

自分の中ではこの本番は初めて人前で演奏する機会なので、

むしろスタートに等しいものだと思います。

 

今日の演奏から課題を3つ見つけ、

練習ではそこを重点的に演奏する。

本番では余計な事を考えてると失敗の原因になるので、

一回全て忘れてしまう。

この練習が生きてくるのは、本番の後、

今後のドラミングの中で、ということです。

 

どこまで忘れらるかは定かではありませんが、

頭空っぽにして、本番に挑みたいと思います。

 

そしてその後は、綺麗にプリテンダーを忘れてやろうと思います。

コメント

非公開コメント
My profile

Author : 波留雨(はるさめ)

神奈川県民川崎市民。
本業は農業・造園。
(農業普及指導員資格所持)

趣味は製麺、野球観戦、資格取得、音楽(ドラム)と、
とっ散らかり気味。

最近は特にドラム練習と製麺に明け暮れる毎日です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QR