FC2ブログ

Paradise of Viridian

麺類、ドラム。あと、野球もね。

0

ドラムレッスン3回目 その2

前回の続き。

新しい練習としては、「ボース」というものを教えてもらいました。

 

やり方は、クリックに合わせて両手両足を同時に叩く、というもの。

右手はフロアタム、左手はスネア、右足でバスドラ、左足はハイハットペダル。

この4つをクリックに合わせて、

同時に叩き込むという単純なものです。

両方という意味の「both」から来てるみたいですね。

 

この練習はやったことがなかったので、

最初はふらふら。

両足を上げる時に必要以上に重心が後ろに傾くという癖があるとの指摘。

重心が右足か左足のどちらかに偏っている、

というのが先生の見立てでした。

その重心のずれを確認するために以下の事を行いました。

 

まずは右手ライドで8分刻み。

1拍と3拍で右足バスドラ、2拍4拍で左手スネア。

通常のエイトビートですね。

そこから、

バスドラと合わせてハイハットのペダル踏み。

1拍と3拍で左足を踏むということですね。

 

次は、スネアと同時にペダル踏み。

2拍4拍で左足を入れる練習。

 

最後は、ライドの8分と合わせてハイハットのペダルを踏む練習。

 

因みに自分は最後の8分の踏みが全く出来ませんでした。

左足が全然上がらず、リズムもばらばら。

原因は、自分はバスドラ側に重心が傾いてるから、

スムーズに左足を上げることができないそうです。

…そう言えば、なぜそんなことが分かったか不明ですね。

今度聞いてみます。

 

対処として、座り方から指導をしてもらいました。

イメージとしては腰を伸ばしつつも、

おへその下あたりに重いボーリングの玉を持って、

どっしりと構える感じ。

 

そうすると、先ほどまでとは違い、

大きく後ろに体重が移動することがなくなり、

両足がスムーズに上がるようになりました。

自分が一番わかるほどの変化に驚きました。

変な癖がついてしまっているので、

この1回で治ることは無いと思いますが、

この感覚を忘れずに練習していきたいと思います。

 

他にはペダルの踏み方についてもアドバイス

大人になると足の踏み方も躊躇してしまうとのこと。

確かにマンション住まいなので、

下の人に迷惑をかけないよう、

足音を殺す癖が染み付いてしまってます。

これはドラマーとしては致命的。

子供のように足を踏み鳴らす感覚を思い出すところから練習はスタートします。

上げた足を空中で急に鍵が切れたかのように、

脱力させドスンと落とす。

そうすると、力強く踏まなくても、

大きな音が出るということでした。

これは家では練習できないので、

公園に散歩に行ったときこっそりとベンチで練習しています。

通報されない内にスタジオで練習したいなぁ…

自粛明けには溜まったドラム熱を爆発できるよう、

イメトレの日々は続きます。

コメント

非公開コメント
My profile

Author : 波留雨(はるさめ)

神奈川県民川崎市民。
本業は農業・造園。
(農業普及指導員資格所持)

趣味は製麺、野球観戦、資格取得、音楽(ドラム)と、
とっ散らかり気味。

最近は特にドラム練習と製麺に明け暮れる毎日です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QR