Paradise of Viridian

麺類、ドラム。あと、野球もね。

0

ドラムレッスン38回目その2「アクセント移動」

続いてはアクセント移動。

ドラムにおけるアクセントとは。

とても簡単に言うと、

強く叩くか弱く叩くか。

シンプルですが、これが結構重要。

同じ強さで叩き続けると、

基本的にはリズムは生まれません。

強く叩いたり弱く叩いたりを織り交ぜることによって、

リズムやグルーブが生まれます。

例えば下のような感じ。

R =右手

L=左手

RLRLRLRL ×4

RLRLRLRL ×4

RLRLRLRL ×4

RLRLRLRL ×4

この太字の部分だけを強く叩きます。

ずっと続けてるとリズムに聞こえてきませんか?

強は上からスティックを大きく落とす感じ。

弱はスティックを、構えたところからそのままちょこんと叩く感じ。

両手で膝をペチペチ叩くという練習でも構いません。

一見簡単なように見えますが、

これが真価を発揮するのは右足と左足を入れた時。

一つ目の R で右足を踏む。

三つめの R で両足を同時に踏む。

この動きを取り入れるだけで脳が混乱し、

手足がこんがらがってきます。

最初は手だけで練習するのがよいでしょう。

ロックだと強く踏む時に右足、

すなわちバスドラ踏み込むことが多いので、

強く叩く時は足も動いてしまいがち。

そこからリズムがわからなくなり、

結果迷子になるパターンが多いです。

このアクセントを移動させて、

スネアドラムを叩くだけでもかっこいいフィルインなりますが、

その強(太字)のところで、

タムとか他のシンバルを叩くと、

玄人ドラマーのようなかっこいいフレーズが生まれるのでお勧め。

こちらも練習パッド一つでできるトレーニングなので、

自宅でのトレーニングにおすすめ。

ちなみにSyncopation BOOK 47ページや49ページの下段には、

アクセント移動の練習用譜面が乗っているので、

興味がある方は手に取ってみてください。


Comments

Private comment
My profile

Author : 波留雨(はるさめ)

神奈川県民川崎市民。
本業は農業・造園。
(農業普及指導員資格所持)

趣味は製麺、野球観戦、資格取得、音楽(ドラム)と、
とっ散らかり気味。

最近は特にドラム練習と製麺に明け暮れる毎日です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QR