FC2ブログ

糸口

秋の長雨の様な、鬱々とした日々を送っていた。

原因はいまいち掴みきれないが、日々に対する不満だけが募っていた。

何かを打開したくて、三連休は、久々に大学の友人と会うことにした。

サークルの友人と飲み、卒業以来初めて文化祭に足を運び、大学の雰囲気を味わった。

キャンパスの中は活気に溢れていた。

自分よりも一回り若い世代が、独特の秩序の中で、それぞれ、大いに楽しんでいた。

自分もかつてその中に居たという、懐かしさは感じたが、特に戻りたいとも思わなかった。

学生時代も楽しかった。だが、楽しかったのは今も付き合いのある連中が、

その時代に自分の周りに居たからで、決して大学自体そのものが楽しかった訳ではないようだ。現に今も一緒につるんでいる。となれば、不調の原因は友人関係では無さそうだ。

楽しかったが、不満解決の糸口は見つからなかった。

そう思ってた矢先、帰り道に会った友人から言われた言葉が、今も響いている。

「お前老けたなぁ」

家族の事、会社の事、そして自分の事。

身の回りの世界だけを、虫眼鏡片手に、必死にあら探しをするような毎日。

そんな毎日を送り、いつしか、何年も服も買わない様な生活をしてしまっていた。

人からどう見られるかはあまり気にしない質であるが、

老けているというのは、決して外見だけではないだろう。

忙しさを言い訳にして、外界と接するのを避けていた。

恐れていたのかもしれない。

現状維持。いつしかそれだけが目標になっていたのだろうか。

昔の友人でも構わない、とにかく多様な人と会い、

自分に無い考え方に触れ、好奇心を取り戻すこと。

「活力」が、この日々を抜け出す鍵だ。

どうやらこの三連休は、大きな収穫があったようだ。

単純に「外見」の事であったなら、

この話は考えないことにしよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

波留雨

Author:波留雨
神奈川県民川崎市民。
本業は農業関係(のつもり)
趣味は弓道、野球観戦、資格取得、筋トレ、音楽(ドラム)
ととっ散らかり気味。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR